Tag Archives: microtone

Midnight Production Plan – 曲の解説<1>

Midnight-Production-Plan-aw (1)

TGIFを通過して二日酔いの皆様おはようございます。今日からしばらく小職の作品『Midnight Production Plan』の曲解説をしてみたいと思います。この作品、今までに無いくらいにご好評を頂いており有り難い限りです。解説を書き始めたらネタの紹介だけで凄い量になったので何回かに分けて書きます。

01 Won’t you feel ft. Clover 私がわかりますか?

この曲のバックトラックは、2008年頃に作ったスパイラルライフのカヴァーを下敷きにしています。元の曲の要素は全く消え、Soundcloudからも消えてしまいましたが。これにケニーランキンの『The Girl I Left Behind』的なストリングスを足しました。ケニーランキンは本当に大好きでずっと聴いていきたいと思う歌手ですが、この曲はその中でもメロウで必泣物です。

さて、私の中で勝手に編み出した歌唱制作スタイル『Sing with samples』という手法があります。まず、仮歌を全部レコードからのサンプリングで組み立てて、最後に全部ヴォーカリストが吹き込みます。これらをミュートやエディットでコンビネーションさせるというものですが、今回の歌サンプルはショコラの『Blue mint blue』のアカペラをメインに使いました。このバージョンは、昔レコード会社の人から貰ったCDからリップしたやつでリリースされているのかは分かりませんが。Tia(Clover)のボーカルがショコラをフォローする感じでアレンジしました。

Zara(Clover)のラップの時に背後に鳴っているフルートは、この曲のイントロを執拗にエディットして作ったフレーズです。

イントロの”ファーーー”っていう音は、サニーディサービスの『東京』のピアノのフレーズをビット落としてリバースしたもののような気がします。ちょっと忘れました。

02 EXPWY 高速道路

ライブでおなじみの高速道路ですが、今回はこの曲を下敷きにトラックを作ってみました。タイのミュージシャンらしいのですが詳細は良くわかりません。素晴らしい曲、映像美だと思いませんか。すごくシューゲイザーしていると思います。オカベアキさんの長いフレーズを苦しそうにフロウするところが最高にカッコいいです。原曲はiTunesでも入手可能です。

03 Midnight Production Plan 真夜中の生産計画

エレピ及びベースのループは、ブリッジの『Mellow moon light』とベッド・ミドラーの『Do you want to dance?』をフリップして使っています。

ステレオに振ったギターのアルペジオはこの曲です。半拍ずらしたフレーズをAudio to Midiで作って加えてあります。

ここでも、『Sing with samples』を試みています。もうちょっとアレンジ出来ると思うのですが、そこはライブでお見せしたいと思います。

このアルバムにおいても家や移動先でちょっとしたスキマ時間で音楽を作る為、ラップトップを使ったDTMヒップホップ的な手法を使い、インターネットらしく様々な要素や時代、場所が無秩序にピックされ、自分なりに再整列されているように作りました。abcdefg*recordのブログで、『静岡発、渋谷経由のジャカルタ墜落的ヒップホップユニット』と書いて頂いていますが、まさにそういう感じですね。静岡に住んで、全くの非音楽家生活でもインターネットを使って仲間と手間をかければこういった音楽が作れますし、そういう人々の音楽が増え、輪が広がれば面白いなと思います。

ここまで読んで頂いた方は、是非再生ボタンを押して一度聴いてみて下さい。もし気に入ったらフリーですからダウンロードしてiPhone等に入れてやって下さい。宜しくお願い致します。私達は、音楽で友達の輪が広がる事と、ライブやDJをきっかけに旅行に行ける事を暗黙の報酬として活動しているので、最近の音源はほとんど無料で提供しています。

Midnight Production Plan – microtone

Midnight-Production-Plan-aw (1)

Do you wanna dance?

microtone’s 7th EP is out now!
We’ve got so long time to finish such a great EP.
This features asian indie musicians and friends as follows,

Clover (Indie pop band from Jakarta),
Aki Okabe (Strawberry Machine form Nagoya)
Hyuga Takashi (hi-channel! from Tokyo)
and Mini Kyute (Erectric pop duo from Sapporo).

HAVE LOTS of FUN to DANCE!

Midnight Production Plan
01 Won’t you feel ft. Clover 私がわかりますか?
02 EXPWY 高速道路
03 Midnight Production Plan 真夜中の生産計画
04 I am a middle woman 中年
05 Rain, Red Tower and so long 雨の中、赤いタワー、さよなら。
06 Moon Flight ft. Clover 月面飛行
07 A train running in snowfield 雪原を走る汽車

https://www.facebook.com/events/349736175183506/

イベントのお知らせ

https://www.facebook.com/events/349736175183506/

TGIFな皆さん、こんばんは。

東京ではフライヤーの廃棄による弊害が原因で、レコード店がこれを置かなくなってしまった、と数少ない私のニュースソースであるTwitterのTLで読みました。確かに私も何年か前にフライヤーを配りに上京したのに、渋谷のレコード店で設置を断られたことあります。これの対策として、首都東京ではフライヤーはA4片面印刷に限定し、余ったら捨てずに事務用の裏紙として販売して使う条例を採用すればいいのだと思います。そうすれば、TGIFに残業して厳しい売上を弁解するために大量に製作印刷されるパワーポイントの資料についても裏を見れば楽しいパーティーのお誘い。パーティーとパワポのWIN-WINの関係が現出します。どうでしょうか。すみません、脱線している上に不明瞭です。

しかし、ここ静岡ではまだまだフライヤーは両面カラー印刷大丈夫です。楽しいパーティーのお知らせはいつも素晴らしいフライヤーから。このパーティーのゲストDJ、UCHIAGEさんのプレイを今このブログを書きながらSoundcloudで聴いているのですが、このDJを静岡で聞けるというのは結構な事件だと私は思いますよ。良いですもんこれ。場所も、快適で食事も美味しいレストランで、昼の時間はお子様連れでもいいですね。このイベントで私はDJをさせていただくことになったのでがんばります。まずは取り急ぎご連絡したいと思います。

★★Twilight,twinkle,starlight★★

日時: 2014/10/12(日) 15:00-21:00
場所: via del borgo(静岡市)
DJ: @tigmi0415 / 私 / 他
VJ: @planpot
ゲストDJ: @DJ_UCHIAGE
ゲストDJ&VJ: @miwaku_

【事前予約で 500yen OFF!】
Twilight, Twinkle, Starlightでは、事前予約の受付を行っています。メールアドレスに「お名前」「希望枚数」「連絡先」を記載の上、twtwstarlight@gmail.comまでご連絡ください。件名は「10/12事前予約」としていただけると捗ります。

つづく

Revolving Shabu-Shabu

ここのところ仕事の関係で、タイに長期滞在しています。結構な田舎街なのですが、それなりに色々揃っていてそれなりに不自由無い生活と仕事が出来ています。写真は、回転するしゃぶしゃぶ、『Shabushi』です。回転寿司のノリで鍋の具材が回るという代物で、日本に持ち込んで欲しい物の一つです。

さて音楽の方も、出来る限りのペースで続けております。先日、microtoneという名前で、『Every moment we feel』という5曲入りの拙曲集をダウンロード可能にしたところであります。アップしたその日に何人かの友人にはTwitterやメイル等のインターネットを通じて好評を頂き、また先ほどそのBandcampのStatsの画面を見たところ300回位の再生がされていました。ご紹介頂いた皆様や聴いて頂いている皆様、本当に有難うございます。一聴すると、なんの事のないヒップホップの形を借りた亜流的なポップスの様な何かなのですが、これを私のような90年代に青春を過ごした中小企業の製造業経営者のおじさんが作っているという点においては、それなりに希少な一品になっているかと思います。そう思って聴いて頂ければ、中小企業の製造業もヒップホップの初期衝動的なものを持ち合わせているんだなという新たな発見があるかもしれません。それから、3曲目はいつものフィメールラッパーの朗読的なラップがなかなか実験的にナイスでお勧めです。ドラムも自分でしばいています。

つづく