Category Archives: weblog

構造

久しぶりにWordpressを触ったら、文章をパラグラフ構造単位で入力するようになっていました。今までとUIが全然変わってしまったので少し慣れなくてはいけません。古いものを捨てない限りは新しいものが入ってこないと云われていますから、新しい方に慣れたいと思います。

構造というものはどんなものでも内包しており、大切な役割を果たしています。文章というのも構造に従って展開されています。起承転結、親と子と孫の関係、主語と述語・・・といった構造はどんな言語でも基本として存在するものです。

しかし、人間のやることが果たしてそこまで構造を守りながら物事を進められるかと言うと、そうでもないような気がします。音楽やスポーツはそういったところに面白さや個性が宿るのですが、発酵みたいなものでしょうか。

発酵は人知れず行われるものであります。発酵中のワイン樽を何回も開けてしまったらおかしなことになりますよね。何でも共有というのも行き過ぎると発酵を止めてしまいかねない。

TwitterをやめましたということをTwitterで言い忘れてたのですが、既に消えています。このサービスは2008年位に始めたのだと思います。最初はとてもいい時代だった。しかし、10年経って色々なノイズが多すぎる事に気付きました。なので、今後はこちらで文章を書いていこうと思います。

つづく

YKOYKO™ EXBITION 2018


趣味趣向が一致する、地理的に遠方の友達と一緒に何かを作ったりするための楽しい手段として、インターネットはティーンズからオールディーズの方まで広く活用されています。そのようにして、microtoneは東京、静岡、名古屋で細々と8年程続けており、だいぶ後者の域に近づいております。全国には同じように、遠隔コラボレーションするクリエイターの方は多いです。
私が知るそんなクリエイターの一人、ビックリマンシール風に様々なアーティストのイラストを描くYKOYKOさんのZINE、『ビックリブック3』が発売されております。その彼の個展が高円寺で行われるとのことですので、僭越ながら本ブログでもお知らせしたいと思います。
彼とはあるイベントを通じて知り合いましたが、音楽にかける情熱や愛情を強く感じます。そんな一途な思いが、イラストを非常に生き生きとしたものにしていると思います。ビックリブックは音楽アーティストの音楽性や表情を上手く捉えていると感銘を受けます。
先般これに付属するソノシートの楽曲をお手伝いいたしましたので、もし入手された方がいらっしゃいましたらご一聴いただけると幸いです。

YKOYKO Solo Exhibition in Amleteron
時 2018.12.22~30
会場 東京高円寺 アムレテロン

つづく

投稿の行く先

私の他愛もないツイート、美味しそうな食べ物のインスタ投稿の労力はそのあとどこへいくのかな、と時々考えることがあります。答えは普通に新聞とかに書いてありますが、最終的にはAIのお勉強の為のデーターとして活用されるようです。つまり、私はせっせとAIのエサを探しては一生懸命投稿している・・・と考えるとなんだか承認欲求や広告効果を貰う代わりに色々な情報を差し出している電子頭脳の僕(しもべ)みたいに思えてきてしまいます。子供の写真、あれ間違いなく人間の成長過程、経年変化データーに利用できますね。数年前はよくあれをした、これをした、と投稿していましたが、日本国地方都市在住の中小企業のおじさんの日常生活なんて、そんなに『いいね!』的な興味を引くものでもないですし、最近はすっかり回数が減りました。村上春樹の『川崎市立図書館員の伝記など誰が読むだろう』と同じです。プロゴルファーやアイドル等の写真を見る方が専門です。

本業とは別にちょっと音楽をやっていますが、そちらの方は比較的まだ検索をされたり、聴いてもらったり、それも良いのかなと思います。最近は相変わらずゴルフにはまっているのですが音楽もしっかりやっています。Ableton Live 10がリリースされ、外見は変わらないものの、色々な機能がブラッシュアップされておりさらに使いやすくなっています。移動が多い人生なので、移動先で作るとなるといつも同じ環境が欲しいもので、MPCに回帰したい気持ちはいつもあるんですがやっぱりラップトップとDropbox活用という事になります。リリースもありますし、新しいビートのアップデート等も随時Soundcloudに掲載していきたいと思います。

つづく

絵は思想ほど廃れない



本稿、日本から4,000km位のところのとある王国にて書いております。今年の日本は例年に比べ大分寒いので海外へ逃げてきたつもりがこちらも随分寒い。しかも要領悪い運転手に腹を立て冷静さを失い、南国用に購入してあったUNIQLOの薄いパーカーをそのタクシーに置き忘れると言う失態を演じてしまう。結局また買いなおして着用しています。日本以外何処でも同じ服入手可能がUNIQLOのいいところですが、絶対どこかの国のどこかの会社に無理が生じていると思う。でも便利です。

さて、12/16(土)〜年末、東京高円寺にあるAmleteron(アムレテロン)さんにて、「Y.M.E」が開催されるようです。「Y.M.E」というのは、YKOYKO氏とM.O.T.E.氏の主宰する展示会であります。ビックリマンとスヌーピーを模したレコードジャケットを展示するというものと聞いています。そして、私がこの展示会のテーマソングをお作りしたという経緯です。ビックリマンとスヌーピー、本気の引用・模倣・再構築はオリジナルを大分超えた面白さがあります。シールなどもオススメです。
Amleteron(アムレテロン)さんは東京高円寺にある、読書と手紙にまつわるお店と伺います。

高円寺Amleteron(アムレテロン)
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-18-10 ※高円寺北口から約5分 ※不定休
お休み、営業時間はブログをご確認ください。

つづく

シンプルで分かりやすいのが良い

こんにちは。soundandlife.jpのサイトをWordpressの普通テーマに戻し、とても簡素にしました。スマホなどでも読みやすくなっていると思います。Twitterもやってますが、140文字以上のご案内、お知らせ、及び何らかの文書はこちらです。今後とも宜しくお願いします。

今年の5月から継続中であるアナログ7インチのクラウドファンディングですが、細々と出資を募っており、只今51枚です。ヒップホップが好きな方に気に入って頂けると思いますので、引き続き何卒宜しくお願い申し上げます。既にご予約頂きお待たせしてしまっている皆さん、もうしばしお待ち下さい。

つい先日、何気なく製作してSoundcloudにアップしたビートが、何がなんだか知らないうちに再生が伸びており、もう1000回越えました。気合入れて肝いりで作ったものはそうでもないのに、テキトーにやったものが気に入ってもらえるというのは良くあることですが、そんなものでしょうか。

1年前に入手したTeenage Engineering OP-1、なぜかずっとAbleton用のMIDI鍵盤と化していました。しかし、最近はこれでビートを作ることが多くなっています。DRUM SAMPLERにある程度トランケートしたサンプルネタをインポートし、チョップして(というか勝手に不思議な感じでチョップされている)、鍵盤を弾いたのを内臓4トラックMTRに録音します。録音したものはそのままPCに取り出せるのでこれもまた便利。OP-1を使うと、いままでありえなかった変なフレーズが発現しやすい為、これがなかなか熱中できる作業で面白いです。

昨今私の周りでは、ビート作りはパソコン依存の反動で、若干ハードウェア寄りになっているようです。画面で音符を置くよりも、手で弾きながら作っていくのは何にせよ音楽をやってる感じにさせます。

つづく